無料ブログはココログ

« 必要なのでしょうか? | トップページ | 怒りにまかぜず電話・・・・ »

2017年6月 9日 (金)

配水開始の日に水を止める人・・・

今日から田植え用の配水が始まりました。

川からの取水口は、苗作り用に開いてます。

その先のそれぞれの水門を開けても良い日なのです。

我が家の田んぼに向かう側溝の水門を今朝開けました。

2017060901


先日、掃除をした側溝を水が流れて行きます。

掃除はしてあるのですが、細かい汚れも一緒に流れ、だんだんと溜まったゴミを

押し出すように流れて行きます。

ゴミが流れた後、田んぼへの取水口を開けました。

明日は代かき、そして明後日に田植えの予定です。

帰りに苗の様子を見に苗田(苗を作る小さな田)に行きました。

ここは苗用に1カ月前から配水が始まってます。

2017060501


この写真は、一週間前のものです。苗が枯れないように苗床の周りの溝に

水を張ってあります。

今朝見たら、水がありません!!

右下の畔の手前で苗を作ってる人が水を止めたようです。

この人は、明日田植えをするので、苗の箱をすぐに運び出せるようにしてあります。

水がないほうが作業しやすいと思って水を止めてるようです。

前にも書きましたが、ここの田は我が家の所有なのです。

水の管理が別々にできるように、私がわざわざ田んぼの中に畔を作りました。

水が要らないのなら、苗床の入口の畔を塞げばよいのです。

今日から田植え用の配水が始まり、そのために水位が下がったのかと思ったのですが、

見ると、苗田用の取水口が閉じてありました。

そして、その取水口の側溝に水を流す用水の取水口まで止めてありました。

もう十年以上、勝手な振る舞いを我慢してきましたが、

そろそろ限界を感じてきてます。

挨拶も、苗田の使用のお礼(口先だけで良いのです)もありません。

昨日、苗の箱から出てる根を切って、苗床から苗の箱を切り離す道具を

我が家に借りに来た時も 母に対して挨拶もなく 「 これ、これ 」 と ジェスチャーを

しただけのようでした。

田植機は共有で我が家に保管してありあす。

いつ使うのか、こちらが聞かないと何も言いません。

点検して、すぐ使えるようにしてあると伝えても、ろくな返事もなかったようです。

亡くなったオジサンへの感謝もあり我慢してましたが12年過ぎました。

もう限界です。

来年からは、農協で苗を買うか、別のところで苗を作るよう言うつもりです。

幸い離農者が増え、苗田はたくさんあまってます。

草の管理をしてもらえるのなら貸したいという人はたくさんいます。

母子で悪口を言われることを覚悟しての決断です。 

オジサンには、申し訳なく思いますが・・・・。 <m(__)m>

« 必要なのでしょうか? | トップページ | 怒りにまかぜず電話・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ついに堪忍袋の緒が切れましたか?

OKCHAN 様
感情的に怒ってるというより疲れてしまい、これ以上関わりたくないという気持ちです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572726/65388827

この記事へのトラックバック一覧です: 配水開始の日に水を止める人・・・:

« 必要なのでしょうか? | トップページ | 怒りにまかぜず電話・・・・ »