無料ブログはココログ

« 差別が武器に・・・ | トップページ | 快挙ではありますが・・・・ »

2017年6月26日 (月)

もう一手間・・・、もう一工夫・・・

昨日は午後から雨があがってきたので、ときどき愚痴を書いた苗を育てる小さな田を

耕運機で耕しました。

2017062601


苗床のあとは、しばらく晴天が続いていて相当硬くなってたので

雨上がりの柔らかくなったところでと思い作業を始めたのです。

しばらくすると、また雨が降り始め本格的に降り始めましたが

この時期は、雨に降られても寒くはないのでそのまま続けてました。

もう少しで終わりそうなところでエンジンが息をするような音になりました。

ガソリンを入れておいたつもりが、つもりだけでした。

ガス欠になってしまったのです。

奥さんに電話して、ガソリンとついでに備中鍬をお願いしました。

しばらくすると、ガソリンが10リットル入ってる携行缶と鍬を手に持って歩いてきました。

近いとはいえ、私には考えられない行動です。

一輪車(台車)か軽トラで運んでくることしか想像してませんでした。

本人も、しばらく歩いて後悔したそうですが、そのまま来たようです。(笑)

そんな雨の中、近くでは大型の田植え機で作業してる人がいました。

2017062602


耕作を業者に委託してある田です。

業者の人が、遅ればせながら田植えをしていました。

田植え前に一度トラクターで耕してありますが、草がびっしり生えてるところに水を入れ

トラクターで代かきをして、草が残ってても構わず田植えがしてあります。

水が入る前に、もう一度耕せば草も、もう少しは枯れると思います。

それとも、もう少し代かきを多くすれば・・・・・・。

もうしばらくすると草か稲か分からなくなりそうです。

田植え後の管理も、ほとんどされることはありません。

地主は、指定業者に貸せば、たぶん補助金が入り、委託された業者は米の出来が悪くても

保険で補填されるそうです。なので田植えだけはしておかないといけないようです。

もう一手間加え、米が育つ環境を良くしてほしいと毎年思います。

荒れた自分の田を見るのが嫌で、指定業者でないところに頼むという人の

話を聞くこともあります。

効率とか競争とかではなく、良質な農地の保護という観点からの政策を望みたいものです。

気が付いたら、種子を外資に独占、質の悪い外国産・・・・、というようなことになるかもしれません。

食料安保のためのコストを考えないと、取り返しがつかなくなるかもしれません。 (T_T)/~~~

« 差別が武器に・・・ | トップページ | 快挙ではありますが・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572726/65459436

この記事へのトラックバック一覧です: もう一手間・・・、もう一工夫・・・:

« 差別が武器に・・・ | トップページ | 快挙ではありますが・・・・ »