無料ブログはココログ

« 配水開始の日に水を止める人・・・ | トップページ | 京都土産? »

2017年6月12日 (月)

怒りにまかぜず電話・・・・

また愚痴の続きのような内容です。

土曜日の帰り際に家から電話があり、田植え用の苗床を見てきてほしいというものでした。

苗床の水が少なくなっていて苗が黒くなって枯れ始めてると近所の人が知らせてくれたそうです。

奥さんと、たまたま帰省中の長男が見に行って、二人とも存在を知らなかった取水口を開け水が入るようにしたので、

確認してきてほしいという内容の電話でした。

夕暮れ時の暗くなり始めた頃でも、あきらかにおかしくなってる苗がありました。

前日の朝に私が見たときも水がほとんどない状態になってました。

同じ苗用の田を使ってる人が毎年毎年、勝手に水を入れ過ぎたり、逆に止めたりしてました。

そのたびに、母が調整し、その不満話が我が家の毎年の恒例になってました。

その解消のため 3年程前に私が畔(あぜ)を作って、個別に水の管理ができるようにしたのですが、

畔の意味が分からないのか同じことの繰り返しが続きました。

母が見に行くことが少なくなった今年、黒く枯れかけた苗を初めて見ることになったのです。

もう限界だと思い、確認の電話をしました。

怒りにまかせて電話しましたが、ここで感情的になっては後悔すると思い冷静に話しました。

まず、「今日、取水口を閉じた?」 との質問に 「 今日は触ってない。」 という返事でした。

「昨日の朝も止めてあり水を入れてきたが、今日も止めてあり苗がおかしくなった。」

という話をすると、「 止めたことはないが、少なくしたことはある。」 ということの繰り返しでした。

苗の状態を大袈裟に伝えると、「 弁償する。」 ということを言ってきました。

(あとで長男のスマホの写真で確認すると大袈裟ではありませんでした。)

「 そんなつもりはない。」 と答え、畔を作った目的を伝えてから

「 来年から苗を農協で買うと聞いたが、そう思っててもよいか?」 と聞くと

ハッキリしない返事でしたので、冬場の管理や準備の話をして、もう一度尋ねると

「 苗買う 」 という 単語のような返事でした。

「 では、こちらはそのつもりでいますのでよろしく・・・・」 と、私が言い終わらないうちに電話が切れてしまいました。(笑)

2017061202


幸い近所の人の連絡が早かったおかげで、苗はなんとか復活して

昨日、田植えが無事に終わりました。

2017061203


来年からは我が家だけで、心おきなく田植えが出来そうです。(続ければのことですが・・・)

田植機は共有ですが、今までアノ親子に振り回されてたことを思うと

積年のモヤモヤが晴れたような気分になりました。 

苗を育てる50坪ほどの田には、以前 餠用の米を作ってました。

同じように作ってる別の2軒と合わせ3軒で、稲刈りや脱穀を共同で行ってました。

脱穀機が壊れるまで続いてましたが、作業の日にちなども融通し合って

ストレスなく毎年の恒例行事として、なんの違和感もありませんでした。

そんな関係も相手次第なのですね~。 (^.^)/~~~

 

« 配水開始の日に水を止める人・・・ | トップページ | 京都土産? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

片がついて縁が切れると好いですねえ。
あまりストレスがひどいと体にも良くありませんからね。

OKCHAN 様
私の怒りを感じてた奥さんが、電話は後にしたほうが良いと言ってました。
でも、私の言い方は、感情的でなく普通だったとの感想でした。
気の小さい私は、奥さんも子供も罵倒したことはありません。(というよりできない?)
気づきを期待してた私は、相手を思うというより保身のためだったかもしれません。

さすが、大人の対応あっぱれです。感情のままに行動すると後で自分にはねかえります。でも怒れま

すね。もし感情のままに怒りをぶつけたら、きっと相手が100%悪くてもそちらの性格では、後悔

するでしょう。感情はあるがまま、でも私だったらきっと冷静な行動はできないかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572726/65401697

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りにまかぜず電話・・・・:

« 配水開始の日に水を止める人・・・ | トップページ | 京都土産? »