無料ブログはココログ

« 共謀罪というより共謀があるのでは? | トップページ | 口利きを責める資格なしでは? »

2017年3月24日 (金)

大腸CT検査に行ってきました・・・・

今朝、大腸検査に行ってきました。

前回までは、バリウムを注入してのX線撮影でしたが、

初めての大腸CT検査に不安を感じながらいってきました。

2017032401


CTは、肺の検査で一回だけ受けたことがあり、アッというまに終わったという記憶があります。

今回も、上向き・うつ伏せ・場合によって横向きということで、すぐに終わるかと思ったら

意外に時間がかかりました。

私の場合は、横向きの追加もありましたので少し疲れました。

まず、大腸の動きを抑える注射、次に大腸を膨らませるガスの注入、

その後、同じ姿勢で息を止めてCT撮影が2往復ずつでした。

なので、私の場合は6往復のCT撮影でした。

残っている便はガスのチューブに入るので気にせず、オナラだけを我慢するように言われました。

気分はよくありませんが、前日は検査食・下剤服用で辛いおもいをしてるので

とにかく無事に検査を終えることを目標に我慢してました。

検査後20分ほどベットで休んでから次回の診察日を予約して帰ってきました。

検査結果を聞くまでの一週間、気の弱い私はあれこれ心配しながら過ごすのです。(>_<)

便潜血検査は毎年健康診断で受けてるので、大丈夫とは思うのですが・・・・。

いろんなメディアで時々、健康診断のことがとりあげられます。

喫煙者は減っても肺がんは増えてる。検査の結果前立腺がんの早期発見は増えてるが

死亡者数は変わらない。 手術しなくてもよいがんモドキも多くある、等。

過剰な検査をして余分な心配をしているような気もしますが・・・・・・。(?_?)

« 共謀罪というより共謀があるのでは? | トップページ | 口利きを責める資格なしでは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572726/65059551

この記事へのトラックバック一覧です: 大腸CT検査に行ってきました・・・・:

« 共謀罪というより共謀があるのでは? | トップページ | 口利きを責める資格なしでは? »