無料ブログはココログ

« 職場の雰囲気・・・・・ | トップページ | 休日?! »

2016年10月 6日 (木)

野党がしっかりしなければ・・・・

今朝の新聞に衆議院補欠選挙で、民進・社民・生活・共産 が 

候補者一本化で選挙協力することが書かれてました。

2016100601

政策が違ったままの協力では、たとえ多数派になっても政権維持など出来るはずはありません。

民主党政権よりもっと酷いことになります。

もっとも国民がそんな選択はしないと思いますが・・・・・。

沖縄の選挙や平和運動は、共産・社民が中心です。

平和センターの議長は、社民党です。

今、高江のヘリパッド反対運動では、ヤンバルの森を守れと言いながら、森を整地して

違法テントを立て、市民を名乗る地元でない人が道路を塞ぎ、一般の車の検問までしてます。

辺野古の違法テント内には、警察官の顔写真も貼りだされてます。

平和センターの議長は、警察官などの個人宅に街宣をすると脅したり、

米軍関係者の車を止め、罵声を浴びせてます。

共産・社民の力が強くなると、議会制民主主義は利用されるだけになりそうです。

選挙で勝てば、『民意』 と 叫び 負けれれば なかったように行動する。

社民の福島みずほ氏は違法テントに応援に行ってます。

立法府の議員・弁護士でありながら違法行為に加担してます。

法治国家らしい反対運動を指導するのが、公党である共産・社民の本部の役目ではないでしょうか。

そんなところの票目当てに野合する民進党も先がなさそうです。

蓮舫代表は、二重国籍問題でその場しのぎのウソばかりでした。

戸籍の一部・台湾籍の離脱届など公表して説明する気もなさそうです。

稲田防衛相の過去の発言を勇ましく追及してますが、空しい遠吠えのようです。

細野代表代行の議場で立ちあがって自衛隊・海保に敬意を表する拍手に対する批判は、

民主党政権が誕生したとき鳩山首相個人に、民主党議員が立ちあがって拍手したことを忘れてます。

前原議員の稲田防衛相批判も、民主党時代のトンデモ防衛相を思い出すだけです。

民進党は、沖縄の社民・共産の姿を見れば、組む相手かどうか分かりそうなものです。

健全な野党は、維新に期待するしかないのでしょうか。(?_?)

« 職場の雰囲気・・・・・ | トップページ | 休日?! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572726/64306800

この記事へのトラックバック一覧です: 野党がしっかりしなければ・・・・:

« 職場の雰囲気・・・・・ | トップページ | 休日?! »