無料ブログはココログ

« こんなところで・・・・・ | トップページ | トンデモ候補・・・? »

2016年7月13日 (水)

朝日新聞見聞録・・・朝日何様?

今朝の朝日新聞です。

2016071301


国連海洋法条約に違反するなどとしてフィリピンが提訴した仲裁裁判で、オランダ・ハーグ

の仲裁裁判所は12日、南シナ海をほぼ囲い込む境界線「九段線」は「歴史的な権利を

主張する法的根拠はない」などとする判決を示したことを

さすがの朝日も、一面に書かざるをえなかったようです。

問題は、その下の記事です。

「自民党草案撤回から始めよ」 という記事です。

今回の参議院選挙の結果、憲法改正の国会発議が視野に入ってきて焦ったのでしょうか。

2016071302


『自民党草案の本質は、権力を縛る縄を自らほどき、逆に主権者である国民を縛ろうという点にある。』

『前近代的とも言える草案が穏健な憲法論議を妨げ、議論についていけない空白域が国民の間に広がる。』

『この70年で定着した基本原理は受け継ぎ、統治機構のあり方など時代に合わなくなった部分には手を入れる。

こうした議論は必要だが、それにはまず草案を撤回すべきである。』

そんなに酷いものかと思い、自民党の憲法草案を見てみました。

どこが、 権力を縛る縄を自らほどき、国民を縛るのか、どこが前近代的なのか、

どこが穏健な憲法論議を妨げるのか、私の頭では理解できませんでした。

9条第1項など今と一字も違いません。

2項で自衛隊を 『自衛軍』 としてるのが気に入らないのでしょうか?

憲法は権力を縛るものという考え自体が、欧州の前近代的な考えです。

公党が憲法草案を考え発表することのどこが問題なのでしょう?

出来れば、各党憲法草案を出してほしいくらいです。

いろんな考えがあるのは大事ですが、せめて参考資料として 「自民党草案」 を掲載して

批判してほしいものです。

悪意に満ちた印象操作に思えてしまいます。

そんなことより、朝日新聞は、国連や慰安婦像が建ってるアメリカの報道機関や行政機関に、

自らの記事が招いた誤解を解くことに社運を賭けないと先がなくなります。(;_;)/~~~

« こんなところで・・・・・ | トップページ | トンデモ候補・・・? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572726/63909242

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞見聞録・・・朝日何様?:

« こんなところで・・・・・ | トップページ | トンデモ候補・・・? »