無料ブログはココログ

« 京都で遊ぶ人、農作業をする人・・・ | トップページ | 今は、綺麗なシバザクラ・・・・ »

2016年4月12日 (火)

桜 と ヌートリア

近くの桜も見ごろは過ぎました。

毎日のように通ってるのに、今日気づきました。

20160411060816

幹が途中からありません。 

枝が折れて幹の部分で切って薬が塗ってあるのは、よく見ます。

こんなふうに幹が折れたのは、初めて見ました。

ソメイヨシノは、自然木ではなく人によって創られたものだから、寿命も短く弱いのでしょうか。

3日くらい前、この川で、こんなものを久しぶりに見ました。

Yjimage
(この写真はネットから転写したものです)

鯉がたくさんいるところで泳いでました。

一瞬、ワニかと思いましたが、そんなものがいるはずはなく((笑)

ヌートリアでした。

10年くらい前、このあたりでかなり住み着いてました。

植えたばかりの苗が食べられたりしてました。

役場の人が罠を仕掛けたりして退治され見かけなくなってました。

そのころ、私も捕まえてやろうと思い、魚釣り用の4メートルくらいの長さのタモを持って

ウロウロしてたこともありました。

警戒心が強く、動きも早いので無理でした。

そっと陰から見てると、なんとなくとぼけた感じで愛嬌がある動物です。

害獣に指定されてるらしく、罠にかかると役場を通して猟友会の人が来て

眉間に一撃を加え殺して持って行ったそうです。

近所の人で、驚くことにヌートリアに石を投げ気絶させて捕まえた人がいます。

プロ顔負けのコントロールの良さです。(笑)

しばらくいなかったのに、また繁殖してきたようです。

もともとなかったソメイヨシノは、みんなから愛され、季節を代表するものになってます。

戦前に、毛皮を採るために輸入・飼育され野生化したヌートリアは、じゃまもの扱いです。

人の勝手な都合による結果なのに随分と扱いが違います。 (?_?)

« 京都で遊ぶ人、農作業をする人・・・ | トップページ | 今は、綺麗なシバザクラ・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヌートリアはまだこちらでは聞きません。愛知県が境界でしょうか。

鹿が市街に出て道路をはしりまわったのは全国ニュースになりました。

ついこの前は猪が森林公園にでて被害者が数人でました。動物の世界も大変なんでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572726/63475161

この記事へのトラックバック一覧です: 桜 と ヌートリア:

« 京都で遊ぶ人、農作業をする人・・・ | トップページ | 今は、綺麗なシバザクラ・・・・ »