無料ブログはココログ

« 予想どおりには・・・・・ | トップページ | やはり京都は奥が・・・・ »

2016年3月 9日 (水)

外を見て内を知る・・・・

昨日は、叔母さんの葬式でした。

通夜・葬式と普段と違う時間の過ごし方は、なんだか疲れるものです。

そこでの感想です。

親族としての出席のため控室にいる時間もあります。

座る席は、家族・血縁・姻戚に自然に別れてました。

家族は、バタバタと準備・接待と忙しそうでした。

私を含めた血縁者は、話をしながら座ってるくらいです。

もうひとつのグループの姻戚関係の人達は、部屋中に響き渡るような

大声と笑い声で盛り上がってました。(酒はありません。お茶だけです。)

以前、あるホテルのバイキング形式の夕食のときの中国人グループを思い出しました。

最近、中国人旅行者のマナーの悪さが話題になりますが、

思い出せば、子どもの授業参観などで子供よりウルサイ親がけっこういました。

日本人が劣化してきてるのか、それともこんなものだったのか・・・・・・。

自戒を込めて言えば、視野狭窄で周りが見えてないような気がします。

まわりを見てないから、自分たちの状況を考えることも出来てないと思います。

そのグループの中のオバサンは、お通夜の席で、まだ不慣れな住職をリードするかのように、

私の後ろの方の席で、お経を読んでました。初めての経験でとても気になりました。

通夜・葬式すべてが終わり、そろそろ解散というときになったら、

そのグループの中のオジサンが家族から聞いたと思いますが、

四十九日法要の話など今後のスケジュールを発表し、解散の挨拶をし、

家族には、お見送りをするよう指示してました。

なんだかよけいに疲れてしまいました。  ┐(´д`)┌ヤレヤレ

« 予想どおりには・・・・・ | トップページ | やはり京都は奥が・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先日名古屋の市バスに乗った時のことです。二人のおばあさんが大きな声でおしゃべりを

していました。本当に大きな声でした。そうしたら運転手がマイクで注意しました。やるーって

思いましたが、おばあさんは耳がここえないのでって、言い訳?してましたが、確かに耳の不自由

な老人は声が大きいです。おばさんってめんどくさい生き物です。私もその一人かも

とかく自分の尺度で物事をとらえがちです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572726/63319923

この記事へのトラックバック一覧です: 外を見て内を知る・・・・:

« 予想どおりには・・・・・ | トップページ | やはり京都は奥が・・・・ »